質問1 栗原さんは、2010年にミュンヘンアカデミーを卒業なさいまし

た。このミュンヘンアカデミーでの勉強の前にすでに日本で3年間、ジュエリーデザインを学び、またその後5年間に渡って、ジュエリーデザインの教師として働いていらっしゃいます。

Akiko Kurihara

では、どうして、日本を去り、また素晴らしい職を中断して、

ミュンヘンアカデミーのオットー クンツリ教授の元で勉強することにしたのでしょうか。

答え1  私がオットー・クンツリ教授に初めてお会いしたのは、2003年に彼が東京のヒコ・みづのジュエリーカレッジでワークショップを開催した時でした。私は当時、その学校で講師の仕事をして5年になり、彼は既にコンテンポラリージュエリーの世界では最も有名であり確立した作家の一人でした。私は彼のレクチャーを聴講し、その作品を見て、純粋にヨーロッパ、特に教授が教えているドイツのコンテポラリージュエリーの状況というものに興味を抱きました。教授に私の作品を見せ、ミュンヘン美術院(Akademie der Bildenden KŸnste MŸnchen)に興味がある事を伝えた所、彼は私を1年間の聴講生として採る事を決めたのです。 日本に居た時には私は1年という期間は何かを学ぶのに十分な長さだと考えていましたが、現実は大きく違うものでした。勿論言葉の問題は大きく、食べ物、習慣、外国での新しい暮らし 等々、全ては想像していたよりもより困難で厳しいものでした。けれども日を追うごとに、それらはやりがいのある、克服すべきものとなっていきました。最初の半年はあっという間に過ぎ、ある日私は突然、それまで何も成しとげていないという事に気づき、愕然としました。結果、私は正式に学生となる事を決心しました。

質問2 栗原さんのコンテンポラリージュエリーとしての作品は、あなたのドイツ、あるいはヨーロッパでの経験によって変わったとお思いですか。

答え2   そうだとも言えるし、そうで無いとも言えます。

日本に居た時には本の中でしか見る事が出来なかった作品の「実物」を沢山ドイツやヨーロッパで見て来たのですが、それらは想像していたよりもずっと素晴らしい時もあれば、期待していたより良くない場合もありました。 そこで私は写真の力というものを実感する一方で、写真に頼りすぎたり、実物の作品をおろそかにしてしまう危険性にも気付いたのです。

アカデミーでの学生生活を通して私が学んだ事は「最後に信用できるのは結局は自分自身だ。」という事です。

決して不満を言っている訳ではありません。幸運な事に私は才能ある仲間達に巡り会い、彼らの意見や観点を実際に体験する事が出来ました。それはいつもとても新鮮でしたが、結局私は自分の創造性というのは周囲からではなく自分の中からのみ生まれてくるのだ、という結論に達しました。これはまるでメーテルリンクの青い鳥ですね。

たとえ周りに沢山の友人や同僚が居たとしても、創造作業というのはしばしば孤独な労働です。それでも私は彫金机と工具さえあればどこでも作品を作り続けて行く事ができるので幸運です。

質問3 大変失礼な言い方かもしれませんが、栗原さんの作品の多くは、一目で惹き付けられる、という作品ではないような気がいたします。しかしながら、2度3度見ることによって、どんどん惹き付けられていく、そんな作品だと思います。さらに言えば、 貴金属、宝石類を使ったヨーロッパの通常の大きく目立つジュエリーとは、反対に、控えめな日本のコンセプトが作品の中に深く内在していると感じます。

ヨーロッパ、あるいは日本の女性達は、素材やブランドなどに左右されない、コンテンポラリージュエリーを受け入れることができると栗原さんはお考えですか。

答え3  日本の市場はやはりまだ所謂「ブランドジュエリー」に支配されていると思います。人々は素材(金やダイヤモンド等)の価値やブランド名だけを信じ、残念ながら作家のアイデアやデザインにはそれほど重きを置いていません。 ただ、ここ数年で何人かの新しいギャラリストが台頭してきており、それにより日本のジュエリーを取り巻く状況も少しずつ変わってきています。若い世代の一部はコンテンポラリージュエリーに興味をシフトしてきています。 しかしながら私は日本国内での一番大きな問題は「コレクターの不在」に尽きると思っています。

質問4   栗原さんの作品には、どのくらい男性も身につけることができる作品がありますか。もし、栗原さんが新しい作品をお作りになる際に、男性へ焦点をあてた作品を作ってみようとお考えですか。

答え4   しばしばそのような質問と提案を受ける事はあったのですが、実際にその点について考えた事はありませんでした。というのも私はいつも自分の創造性を最優先させて来たからです。けれどもどういう訳かいくつかの作品、特にブローチは男性に気に入っていただけるようです。実際男性用のジュエリーというのは限定されており、指環やネックレスやピアスはなかなか着けにくく、ブローチと結婚指環だけが例外でしょうか。男性の為のジュエリーに焦点を当てるというのも次のテーマとしては面白いかもしれません。

質問5 アカデミーで学んだコンテンポラリージュエリーのアーティストは、やはりアーティストとしての位置づけだと思いますが、 絵画、彫刻など他のアートへの方向をもたないということには、矛盾を感じることはありませんか。

答え5   ここでは他のジュエリーアーティストではなく、私自身についてのみ言及したいと思います。 この質問は俳人へこのように質問するようなものです。「物事を書き記すには自由詩、小説等、様々な手段があるのに、一体全体どうしてわざわざ17文字(5・7・5)しか使わずに、自分の可能性を狭めてしまうのですか? 不便ではないですか?」と。 俳人達はあえて5・7・5の形式を選び、その短い文脈の中に無限のイメージを閉じ込めます。また、もしあなたが俳句の決まり事や形式を知るならば、より作者の心情を楽しんだり解釈したりする事が出来るでしょう。 実際の所、私は他のアート分野(絵画、彫刻、写真等)にも興味はあります。けれども私はあえてジュエリーを選びました。その理 由の一つはジュエリーを作る技術を持っていたという事。そしてその自分でコントロール出来るサイズ感が自分に合っていたからです。 そして私はジュエリーは人々のコミュニケーションの媒介となり得る興味深い存在だと思っています。限定された表現手段というのは実際それほど悪い事ではなく、むしろ非常に挑戦しがいのある事だと思っています。

質問6 栗原さんは、どのようにして素材を選び、またその素材はその作品の中で、どのように重要な位置をしめているのでしょうか。

答え6  私はよく金属素材、特に銀を使いますが、それはその加工技術を持っているからです。時には単純に素材を使う事自体を楽しむ事もあります。それでも実際の所、私は素材の選択に制限を設けてはいません。もしもアイデアがある素材に適するのであれば、それらを迷い無く採用します。例えば少し前にはワインボトルから「葡萄の葉」のブローチを作ったりしました。最も重要な事は「素材がアイデアに自然な形で適していなくてはいけない。」という事です。

質問7 2011年から栗原さんはミラノに住んでいらっしゃいますが、イタリアファッションあるいは、デザインの中心都市、ミラノの日常生活は、栗原さんの作品作りに何か影響を与えているでしょうか。

答え7  本当の事を言うと、私はあまり社交的なタイプではありません。私は家で彫金机に向かって作業をしたり、静かに本を読んだり、猫と遊んでいる時に幸福を感じます。東京でもミュンヘンでもミラノでもおそらくほとんど同じように過ごすのではないでしょうか。しかしながら勿論ミラノには沢山の見るべき素晴らしい物があり、ファッションのメッカです。その事を無視する訳には行きません。私もそろそろそういった分野にも小さな一歩を踏み出すべきなのかもしれません。ともかく食べ物はとても美味しいので楽しんでいます。ただ、ドイツのビールだけは恋しいです!

質問8  もし、自分のために特別なジュエリーを作って欲しい、というお願いをされた場合、栗原さんはその注文を受けることができますか。またその方の趣味や個性などをその注文された作品の中に込めるには、どんな情報が必要でしょうか。

答え8  はい、出来ます。もし顧客の方が私の作品からインスピレーションを得て、オーダーされるならば、それは私にとっても興味深い経験になる事と思いますし、私はそのアイデアやイメージを聞き入れる事にはオープンです。