井上織衣 – Wunderkammer

井上織衣 – Wunderkammer

オープニング:2017年3月8日、15時から21時
展示期間:2017年3月9日から18日

井上織衣の作品は、奇妙で繊細なハイブリッドな生物を再現している。またそれらの作品は 素材本来のあるべき姿形を詩情とユーモアで持って変身させる。彼女はまさに自然界の様々な物を夢幻的に再構築していくと言える。

自然界では様々な動植物が、擬態と呼ばれる本来とは違ったように自身を見せることで外敵から身を守って暮らしている。また、岩や雲から人の顔や動物を連想するパイドリアという心理現象を日頃からごく自然に行なっているが、井上の作品もまさに擬態であり、パイドリア現象を引き起こし、見る者のイマジネーションを掻き立て、知覚に訴えかける。

井上の作品は、取るに足らない自然の小片に新しい見方を与え、私たちに生命の神秘と創造性、強さと繊細さの結びつきを示してくれていると感じる。
同時に、見る人を微笑ませ、さらなる空想を掻き立て、そして生物の世界と私たちの関係性について思いを巡らす端緒となるのではないだろうか。

2017-03-01T13:06:36+00:00